1.電気代の安いウォーターサーバーは、本当は安くない!

各社、電気代を節約できるウォーターサーバーがあり、
電気代の安いウォーターサーバーを検討される方が多いと思います。

 

一般的なウォーターサーバーの電気代は千円。
エコサーバーにすると30%〜70%近くもカットできます。

 

かなり、電気代をカットすることができ嬉しいのですが、
ただ、注意すべき点があります。

 

電気代の安いウォーターサーバーは、サーバーのレンタル料が有料のものがあるんです。

 

例えば、50%しかカットできませんが、レンタル料は無料。
また、70%カット出来てもレンタル料が500円。

 

お得なのは、前者の業者。
(水の本数が多ければレンタル料が無料になる業者もあります)

 

これからサーバーを乗換えるなら、電気代とレンタル料の合計で比較すれば
失敗することはありません。

2.一人暮らしは都度注文が損!意外な落とし穴!

特に一人暮らしの方は、そんなに水が要らないからと言って、
都度注文を選ばれる方が多いです。

 

でもちょっと待って!!

 

都度注文は、水を注文しない月もレンタル料が発生するんです。
だから、月々のコストを抑えれなかったということも。

 

定期発送の業者を選んで、今月は通常配送、次月はお休みして、再来月は配送してもらうなど
1ヶ月間お休みの出来る業者を選ぶ手もあります。
(業者によっては、お休みだけでレンタル料が発生する業者、お休みの回数を定めている業者もあるため、事前にご確認下さい)

3.乗り換えキャンペーンは全額キャッシュバックではないのです!

最近のウォーターサーバー業者は、他社から乗り換えキャンペーンを行うようになりました。
解約金を全額キャッシュバックして貰えるサービスです。

 

今よりも良いサービスのウォーターサーバー業者に変更したい!
コストを抑えたい!
等、違う業者にすれば良かったと思うこともあるでしょう。

 

乗り換えキャンペーンは、違約金をキャッシュバックしてくれるサービス。
解約する前に、注意すべきポイントがあります。

 

購入していた水代や送料などの手数料は自己負担となりますのでご注意下さい。

 

気に入らなければ、キャンペーンを利用して解約すれば良いのですが、
乗り換えキャンペーンは期間限定です。
ずっとこのサービスがあるかどうかは、微妙な所です。

 

今回の乗り換えで、納得のいくウォーターサーバー業者を見つけた方が無難です。

たまにはお休みしたい!自由にお休みできる業者<こんなサービスも>

旅行やお正月・お盆などの帰省で家を留守にすると水が余ってしまうことも。

 

1ヶ月間お休みするだけで、レンタル料を請求される業者があります。

 

気軽に1ヶ月お休みのできる業者にしていると安心です。

 

(2ヶ月間続けてお休みするとレンタル料が発生しますが、1ヶ月お休みして、次月は通常配送、再来月お休みすることが出来る業者があります)
ウォーターサーバーを始める前は、何社か比較して検討しましょう。
まずはコスト面。電気代はいくら?水代、メンテナンス料、もし故障した場合の費用など。
業者によって金額は様々です。

 

水代は安いけど、色んな経費がかかってしまうというようにならないように気をつけましょう。

 

その次は、サーバーの使いやすさ。
案外、コレが一番重要かも。
例えば、水の交換が大変だったら、契約期間を待たずに解約したくなるものです。

 

水の交換方法は、必ず確認してください。

 

その他には、水の美味しさ。
これは難しいかもしれませんが、一度試飲がお勧めです。

 

でも、ウォーターサーバーの水はネット注文だし、どうしたら良いのかといいますと。

 

スーパーや電気屋さんでウォーターサーバーの催事を行っていると思います。
ちょっとしつこいのがキズですけど。

 

色んな業者を飲んで見てはどうでしょうか。

 

きっと自分にピッタリの水を見つけることができます。

 

催事で試飲をして、業者は後からゆっくり決めたら良いんです。
一般的な業者は、最低契約期間を設けています。

 

1年契約がほとんどです。
その間に、無料でお休みできるのかご確認ください。
ウォーターサーバー 比較